2017.02.21

日本酒勉強の旅in 桑原酒場

お久しぶりです!
千日前店山本です。
1月の24日〜26日まで島根県益田市にある桑原酒場さんに日本酒造りの勉強に3号店田中、難波店小村の3人で
行ってまいりました!
10時に新大阪を出て、大雪の為新山口からは、各駅停車の電車に揺られる事3時間。



益田駅に到着!
初日は作業はなく、蔵人さん、杜氏さんと挨拶を交わし、蔵見学をさせていただきました。



なかなか入れない麹室、タンクの種類、精米所、詳しく説明していただき、夜は美味しく新鮮な魚と扶桑鶴をいただきました。




さぁ2日目です!
初日は、、



濁りの火入れ、これは、残酷でした。
腰と、溢れ出す濁り酒との戦いです。
吹きこぼれないように、ひたすら割り箸でクルクルします。ちなみに2回戦やりました。




酒粕を圧搾機から取る作業、作業着をカスまみれにして、
腫れあがる腕と戦いながら大量の酒粕をGETしました。





締めくくりは、消防士体験!ではなく、
洗米を行いました。これは、完全に時間との戦いでした。
3人で華麗なるコンビネーションの無さを発揮して、
ずっと指導を、うけてました。

作業に夢中になり過ぎて、写真撮るのを忘れてしまいましたが、お米を攪拌機にいれて、冷ます作業など行いました!


2日目の晩御飯は


もはや扶桑鶴専門店。
おそらく全種類制覇しました。


3日目!



一升瓶に詰めた日本酒を4合瓶に詰める作業をしてます。




これは、もろみをつくる工程で、お米の塊をなくなるまで、まぜまぜしました。




これは、ラベルを貼ってます。
不器用な僕は、瓶付の日付をスタンプで押してました。






出来たばかりの扶桑鶴を試飲させていただき、
どうゆうお酒を目指しているか、
どんなお酒が熟成したときに、旨くなるのか、
本当に基本的な事を質問して、丁寧に教えていただきました。



最後には、扶桑鶴の命とも言える高津川を、わざわざ車で連れて行ってもらい、身も心も洗われました。



最後にみなさんで写真をパシャリ。



本当にいい人ばかりで楽しい研修にまりました!
来年も是非参加したいです。



自分たちでクルクルして、瓶詰めして、ラベルを貼った
濁りの4合瓶をお土産にいただきました。
お家で熟成させます。



今回酒造りをほんの、一部ですが、体験させていただき、図や絵などでは、見た事あった作業も
実際行うと凄く大変で、どの作業でも、手を抜く事なく、一つ一つ手作業で丁寧にやっていて、
その結果が1つ1つの瓶に詰められ、僕らの元に届いてくるんだな。と思いました。

桑原酒場の皆様
本当に、3日間お世話になりました!
とてつもなく素人な僕達ですが、来年もお手伝いさせていただきたいと思ってます!
これからもよろしくお願いします。
Copyright (C) エンヤフードサービス All Rights Reserved.